プロフィール

やぎゅう

Author:やぎゅう
やぎゅうっていいます。八木橋って呼ばれます。一日一回ゼクス引退してます
ツイッター垢@Magi_cai_yagyu

基本的に首都圏環境前提で書いてるから全部鵜呑みにはしないでね
なんか聞きたいことあったら直接ツイ垢にどうぞ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ろくまふビートだー

ろくまふビートは僕が勝手にそう呼んでるだけで中身はただの青黒緑です。
まずはそのレシピから


ST山吹
4アヴィオール
4シェアト
4ヘッジホッグ
2ベネトナシュ
2ウェアラーク
4ウェアラクーン
4デュエル
4花蘇芳
4アマディウス
4スケルタルダンサー
4アリオト
3リゲル
3ウェアスクワール
3スケルタルビショップ

ようはSDLを中速寄りにしてるデッキタイプなのが見てわかると思います
序盤はやってることがSDLの劣化でしかないのですがそれでも5ターン目ぐらいまでには相手を殺すことができ、かつSDLの苦手としてるデッキタイプに有利に立ち回れます。
瞬間的な爆発力はこちらの方が優ってますからね

基本的にはアリオトリゲルウェアスクワールビショップを駆使して相手のPSをひたすら叩き続けるだけですが、アリオトで後攻の不利を返すことが多いのでPSはしょっちゅうガラ空きです
相手PS囲んでれば相手は返すのに精一杯でこちらのライフまで届きませんし、仮に届いたとしてもそれは相手がリスク背負って突っ込んできてくれてるだけなので下手したら次のターンでジエンドまで持っていけます

ドローソースがビショップしか無くてハンド切れそう…という人は視野が狭いので出直してきて下さい。
このtcgは基本的に毎ターン2枚ドローして、ハンドの一枚をリソース置くようにできています。
つまり実質的なドロー枚数は1枚と変わらないわけです。
(一応言っておくと、デュエルマスターズはライフが減るとハンドが増えるので、ゼクスのプレイングの比較対象にはなりません)
まぁ何が言いたいのかっていうと、ようはリソースブーストはドローソースとあまり変わらないよってことです。
むしろ序盤は、普通のドローソースより次のターンの選択肢が遥かに増えるのでこっちの方が優秀です。
序盤は1ターンにプレイできる枚数が少ないのと、手札からリソースに置くカードが減ってるのを踏まえれば当然ですよね。
最悪花蘇芳を置いた次のターンは、リソースにカード置かなくてもいいわけですし(極力リソースリンク以外置きたくないし)

ダンサービショップからリゲルかリス釣ったり、アリオトで自分のゼクス戻したりしてもう一点もぎ取ると、きもち良くて逝きそうになるので是非お試しあれ!


さて、長々と書きましたがこのデッキも結局SDLと同じくリソースリンクを二種類積んだ速攻型のデッキには変わりありません
なので使いこなすには最低2ターン先まで読んで手札と頭を回さなければ、息切れなり事故なりで殺されてしまいます
先攻初手三コストないときとかザラにありますよ
まぁアリオトで次のターン返すだけですけどね
スタートカードは別にウルティオーでもいいと思います。ここは好みの問題なので

では今回はこの辺で。長文駄文失礼しました
スポンサーサイト

SDL考察

はい、SDLです。
綾瀬杯、たかし杯と猛威を奮ったゼクスプレイヤーなら知らない人はいないであろうデッキタイプです。
プレイングや構築どうこうは他のブログさんにぶん投げて今回はあくまで考察だけしたいと思います。


まずはSDLの強みから

SDLの強さはなんといってもその速さ
スピネルダンサーの連打力とイェーガーの処理力、バウンスによる選択肢の絞り込みにより相手は気づいたら死んでます。
こいつの登場によりただの殴り合いを強いられる中速型のデッキはほとんど環境から消えてしまいました。
よくSDLは4バニラに弱いとかリソースリンクがそもそも揃わないから雑魚等ボロクソ言われていますがそもそもフレイムコープス入ってますし、リソースリンクが二種類とも揃わないってことは滅多にないです。
苦手なデッキタイプがほとんどないところも強さの一つ。


次はSDLの弱さについて

SDLにも弱点はあります。
デッキタイプとしてはベインケィツゥーとハンニバルですかね。
SDLはエフェクトのソースであるチャージとリソースが溜まる前に殺すか瀕死まで追い込むデッキなのでハンドのみで起動できるハンニバルとベインはバウンスとの相性とも合間って辛い戦いを強いられます。
あとはSDLをまともに使える人がほとんどいないっていうのも一応弱点だと思います。
SDLはリソースリンクを二種類積んだ上で速攻を仕掛けるデッキなので、毎回正しい選択をして行かないとすぐに痛い目をみます。
そう毎回都合よくハンドが回るわけじゃないですし
ぶっちゃけ首都圏でもまともにSDLを使える人は10人もいないので、ショップ大会程度なら警戒する必要ないかも

まとめ
特にないです。長文駄文失礼しました。

首都圏のゼクス四弾環境について

ブログ作ってから一ヶ月以上放置決め込んで
自分でもブログの存在忘れてましたw

今回は首都圏の四弾環境についてです。
なぜ首都圏限定なのか、は、あえていう必要もないと思います。
ゼクスプレイヤーのみなさんなら察して頂けるんじゃないかと

さて本題に入りましょうか
まず今、首都圏では7つのデッキタイプが猛威を奮っています
これは個人的に環境に居座ってると感じたものの数なので、反論したい人もいると思いますがそれはTwitterでお願いします
多分コメント欄見ないのでw

その7つのデッキタイプは、
SDL
(ろくまふビート)
赤黒リンク
ブレイバー
赤青黒ハンニバル
ベインケィツゥー
ピニオンアイヴィーベイン
になります。

次回はこの七つのデッキタイプがなぜ環境に居座ってるのかについて記事書きますので今回はとりあえずここまで

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。