プロフィール

やぎゅう

Author:やぎゅう
やぎゅうっていいます。八木橋って呼ばれます。一日一回ゼクス引退してます
ツイッター垢@Magi_cai_yagyu

基本的に首都圏環境前提で書いてるから全部鵜呑みにはしないでね
なんか聞きたいことあったら直接ツイ垢にどうぞ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リソースリンクに対する俺個人の意見

今回はリソースリンクについて
本スレやらツイッターを見るとリソースリンクは弱い、という意見が思ったより多かったので

俺個人の結論としてはリソースリンクは強い、なのでどうしてもリソースリンク弱すぎて生理的に無理って人は戻るボタン押した方がいいかも


一弾からやってたプレイヤーは記憶にあると思いますが、実はフィールドリンクというカードも存在します
ですかこのフィールドリンクは正直強いとは言えません
書いてること自体は強いんですけど、それ以上にデッキに入ってることが弱いです
揃わなければバニラの劣化なのによくて一試合に一回ぐらいしか揃わないからですよね

まぁこれだけ見ればリソースリンクも一見弱そうなんですが、それだとなにも見えてこないのでフィールドリンクとの違いについて軽くまとめてみましょうか

・相手リソースに干渉するカードがないため無理やり手札にキープする必要がない
・ハンドを切る(つまりリソースに置くということ)だけでなんらかのアドバンテージを得られる
・パワーがフィールドリンク組より高い
・他のカードと高いシナジーを持つリソースリンクが多い
・IG前に効果を発動できる(これは速攻系のデッキを使う上ではかなり重要)



で、ここまであげた時点で一旦放置して、次はゼクスにおけるイベントの話に入りたいと思います
ほとんどのゼクスプレイヤーは一弾環境の段階でこのゲームシステムにおけるイベントは弱い、ということに気づいていました
それは果たしてなぜなのかというと

・俗にいう11交換しかできないものが多い(ほとんどの場合、相手が出した生き物のコスト-そのイベントのコストのコストアドバンテージと、それによるテンポアドバンテージしか得られない)
・使用後チャージが増えない(相手とのIG回数に差がでるということです)
・ドローソースが少ない構築だとトップIGIGorIGイベントorイベントイベントという事故の確率をあげてしまう
・単純に生き物出した方が強い場面が多い

以上のことによるところが大きいのではないでしょうか



ではリソースリンクに話を戻しましょう

リソースリンクを採用するデメリットは

・2種類揃わないと発動できない
・(ほとんどのリソースリンクは)パワーが500低い
・八枠食う

以上です

俺が何を言いたいのか伝わった人も多いのではないでしょうか?

リソースリンクはイベントとフィールドリンクの偉くないところをほぼすべて排除したのにも関わらず、その代わりに与えられたデメリットがこの三つしかないんです
−500査定も今となっては微々たるものだと思います

特に速攻系のデッキ、手札が枯渇しがちなデッキとの相性は抜群なのではないでしょうか



まぁこれでも弱いという人はいると思うし、多分俺も見落としてる点あるのであんま参考になれてない気もしますが今回はこの辺でー

ここまで読んでくださったみなさん、長文駄文失礼しました
スポンサーサイト

暇だったのでブレイバーの紹介でも

1.5弾での卑弥呼登場から常に環境にいる、誰もが知ってるデッキタイプです
可愛いカード多いし、それでいて強いのでブレイバーを好んで使うゼクスプレイヤーは沢山います

今回は採用されている各ゼクスの紹介?でもしようかなと


・卑弥呼

この子がいるからブレイバーが強いと言っても過言ではないと思いますね
ただ焼きまくるのももちろん強いんですが、速攻デッキが多い最近の環境ではBP3500CIP2000バーンってのはものすごく優秀です
害悪IGであるシェアト蘭丸シュペーアを処理できますからねー
IG枠にこんだけアドバンテージがとれる生き物が入ってるって点だけでも優秀なのに、なんなんだこいつはって感じです
こいつのおかげで自爆してパンチの回数を増やすことができるのもブレイバーというデッキタイプを確実に後押ししてます


・アテナ

誰が見てもタダ強カードです…と言いたいところですがそういうわけでもないです
アテナが強いのは卑弥呼との兼ね合いと、単体のパワーが低いブレイバーの突破力を補助してる点にあると思ってるので、ブレイバー以外の赤混入デッキにもノータイムで採用できるわけではないですね
4バニラの方が強い場面ってのはいくらでもあるものです
アテナクイックドローでベインやらケィツゥー突破できるのはブレイバー使いの基本ですかね


・ジャンヌ

最近ジャンヌを採用してないブレイバーが多くなってきたように感じます
恐らく4バニラとアリスによる枠の圧迫のせいでしょう
ジャンヌはもちろん、決して弱いカードではないです
有利な状況だろうが不利な状況だろうが仕事してくれるやつが弱いはずがないんですよ
まぁ…枠がね…仕方ないね…


・蘭丸

蘭丸は僕の中では女の子ってことになってるのでとりあえずこいつは強い(断言
強い場面(焼く対象がいたりライフにダメージを与えられる場面)の数が弱い場面(2000…(⌒-⌒; ))の数を遥かに上回ってるので、なにも考えずにストレージの中で寝かせとくにはもったいないと思います


・ルビーハウル

まぁ誰がみても強い
蘭丸かBVと枠を取り合う感じ


・赤青リソースリンク

ブレイバーにおける課題である手札不足を解決してくれるシェダルは文句無しに強い
問題はダハーカの方
ぶっちゃけこいつの扱いは結構難しいです
全体3000バーンをどれだけうまいタイミングで打てるか、もしくは6コスト9000の生き物として場に出すのか
この一枚でだいぶ選択肢が広がり、考えることも多くなります
このリソースリンクが優秀な点は仮に揃わなかったとしても普通に戦えるところですね
つまりIGしまくるブレイバーと相性が悪くないってこと
良いわけでもない気がしますけど…
入れなければ入れないでハンド不足と火力不足に悩まされる困ったちゃん


・アリス

ブレイバーにおけるアリスの仕事は卑弥呼とクイックドローの回収です
数とバーンで攻めるブレイバーにはやっぱり必要な枠だと思いますね


・オロチ

強い(確信
こいつについてなにか言う必要あるんですかね〜ってぐらい強い
先攻最速オロチで

|S|相|オ|
|S|S|生|
|S|自|S|

こんな感じの場面作るととりあえず相手は死にます
強いていうならこいつの10500をキープさせるためだけに、リソースを9で止め続けるのだけはやめてください
ブレイバーは本来リソース10で動くのが、アテナ卑弥呼アポロンクイックドロー2コスト生き物やらの関係上もっとも美しいので


・シェイクスピア

こいつが最も優秀な点はPSをカバーできるところです
PS脇固めたり、守りたいゼクスの蓋したりできることもあるので、赤のSRでは卑弥呼オロチに次いで優秀だと思います


・アポロン

こいつの強さは臨機応変な仕事ができることとハンドの節約
一枚で仕事が多いゼクスは使える場面(腐らない)も多いわけです


・ガリレオ

なんで単体でサイクロトロン突破できないのおおおおおおおお
以上です。


・ダルタニアン

書いてることは卑弥呼と同じですがやってることは全然違います
卑弥呼と比べるとそこまで使い勝手がいいゼクスではないので採用するかは微妙なところ


・坂本龍馬

6コスト6000なのが惜しい
6500ならPS周り蹴散らしながらクイックドローでベインケィツー突破できたのに


・アウグストゥス

アポロンに枠取られた感


・プケファロス

今の環境じゃ場に残れないんですよねー…
4コスト枠は激戦区だし…


・三成

プケファロスに同じ


アレキサンダーと那須与一はそもそもブレイバーとあまり相性がよくないので割愛、ランスロットはこいついれるくらいなら四足ズィーガー採用した方がいいと思います

ESをアリスとシェイクスピア以外に挙げなかったのは捲れても腐る場面が多いから


ブレイバーの基本プレイは焼きまくりながらの小型中型連打とその後のIGなのでこれと、それができないベインケィツゥー等を意識して構築すれば紙束にはならないんじゃないかなーと思います


今回はこの辺で
長文駄文失礼しましたー

赤黒リンクの偉いところと偉くないところ

はい、今回は赤黒リンクについてです。
イェーガーのテキストが発表された当時、雑魚…派とぶっこわれだろ!派がいてどう環境に響くか見ものだったんですけど、その後ペンギンのテキストが判明したときにTLが落胆してる人で溢れかえってましたね
能力噛み合ってるわけじゃないし、他のと違ってリソースリンクだけでアドバンテージがとれるわけでもないので、決して使い勝手がいいものではないです

まずはスピネルイェーガー自体の偉いところと偉くないところについて


偉いところ

・フレイムコープスが化け物になる
・アスピディスケも化け物になる
・既存カードに夢と希望を与えた
・ある程度パワーラインを無視した構築が可能になる
・ペンギンで1点ぶち込めるタイミングが多い
・ウルティオーでリソースリンクを強引に揃えられる
・相手がファッティなら一発逆転の可能性を孕んでいる
・せらちゃん可愛い


偉くないところ

・リソースリンク自体ではペンギンでハンドを枯らさずに1パンすることしかできない
・構築がリソースリンク頼りになってしまうので揃わないときはすごく不利になる
・ペンギン打ちたいタイミングで手札に3コストがなくてキレそうになる
・守りが弱い構築になりがち
・ベイン高い

多分他にもいろいろあると思いますけど、ざっと思いついたところだとこんな感じ
せらちゃん可愛いけど、綾瀬ちゃんに媚び売ってベイン四足ズィーガーしてた方が強そう(こなみ
単純にパンチの回数を増やせるからって理由ですけど

んでこの長所短所を踏まえた上で俺が知ってる主なデッキタイプは

・青黒t赤
・赤黒ズィーガー

の二つになるわけですが(ちょっとせらちゃん慰めてくる)、どちらにも共通して言えるのは場面処理能力の高さですね
固めるタイプの相手にはかなり相性いいと思います
わざわざ6〜8コストかけて出したゼクスを、IGから出てきたシュペーアやシェアトに処理されたらそりゃ泣きたくもなりますよ

ではなぜ赤黒リンクが環境に食い込んでいけるほどの実力を持っているのか、について軽く触れておきましょうか
最初の方でも書きましたが、このリソースリンク自体は決して使い勝手のいいものではないので構築のなかにいろいろな縛りがでてきます
適当に組むなら誰でもできますけど勝ちに拘るとなると結構きついです
まず後攻の不利を返せるカードをただでさえ少ない枠の中にしっかりと積まないといけません
相性を考えるとプファイル、アリオトあたりが妥当なんじゃないでしょうか
そしてコスト参照だけでは突破しづらい仮想敵(ケィツゥーなど)への回答が必要になります
こちらはズィーガーやリゲルなどが選択肢に入ってくるのではないのでしょうか
そうしてうまーい具合にデッキの穴を塞いでいけるモノが多いのが赤黒リンクを後押ししてるんだと思いますね

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。