FC2ブログ

今宵寒空の下で

みなさんこんにちは、バーチャルのじゃろり狐娘ブロガーのやぎゅうです

突然ですが最近凄く寒いですね、東京に住んでいながらここは青森かよって叫びたくなるくらい寒いです

そんな時身体を温めてくれるこの冬必須アイテムと言えば、そう、半熟サキュバスピンク2膣圧キツキツソフトタイプですね

ご存知の無い方に簡単に説明致しますと、こちら女性器を模したジョークグッズの一種となっており、まんこです

オナホ童貞な方々には、キツキツなソフトタイプって矛盾してないか?と感じる方も多いと存じますが、このキツキツってのは使ってる本人がきついってことの隠喩なので特に矛盾はしていませんね

このサキュバスも営業のために、いっぱい突いて欲しいキュ(ハート)、などと言いたくも無いようなことを俺みたいなキモオタ工学部生(23歳童貞)に向けて言わされていると思うと、胸が締め付けられる想いでした(実際に締め付けられているのはちんぽなわけですが)

というわけでまずは開けてみましょう!部屋が汚すぎて写真とか撮れる環境じゃないので画像はないです

まずオナホを一番最初に開けた時に必ずしなければいけないことがあります、なにかわかりますか?

そう、挨拶ですね、社会の基本ですよ


やぎゅう以下や「はじめまして」

半熟サキュバスピンク2膣圧キツキツソフトタイプ以下半「いっぱい突いて欲しいキュ(ハート)」


好調な滑り出しです、やはり第一印象は大事ですね、もうローションも要らないんじゃないでしょうか

では、もう少しコミュニケーションをとってみましょう


や「入り口と奥の方、どちらの方に自信がありますか?」

半「いっぱい突いて欲しいキュ(ハート)」


奥の方に自信がおありのようですね、正直あまり長さには自信がないので不安が出てきました


や「ローションはしっとり系とねっとり系どちらが好みですか?」

半「いっぱい突いて欲しいキュ(ハート)」


なかなか積極的な子を引き当ててしまったようですね、これには期待と股間が高まります


さて、一通りの前戯を終えたところで本番と参ります

オナホ初心者だと正直なところ、挿入するだけでもかなり苦労するんですが、この道23年のベテランなので少し戸惑いながらも無事挿入、オナホールがちんぽを包む運びとなりました

入り口の心地よさに驚きながらも上下運動を繰り返している最中、勝負師としての勘が私に危険信号を鳴らします

これはやはり奥に届かないのではないか


や「奥に届かんのだけど」

半「いっぱい突いて欲しいキュ(ハート)」


これが愛の深さなのだな、とそう実感せずにはいられませんでした

もう自分の心しか抱きしめるものもないと思っていた過去の自分とはさよならです

きっとこの子となら一緒に歩んでいける、そう思えたからでしょうか、いつしか心【オナホ】は満足感【精子】で溢れていました

この子との出会いに感謝し、この物語の幕切れとさせて頂きます

またどこかでお会いしましょう
スポンサーサイト



| ホーム |


 ホーム