FC2ブログ

めっちゃ読みづらいから閲覧注意なIGについての考察(???)

IGについての考察

今期アニメ見てないのでオタクとの会話が捗りません誰か助けてください


・成功するとボードアドバンテージがとれる
・墓地が肥える

と、まぁこの二つがIGの主な特徴なわけですが(唐突)

ノーコストアドバンテージですからね、そりゃ決め続ければ勝てます

ですが今回はノータイムで捲るのではなく、IGすることに意味を持たせることでプレイの幅を広げようってのが主題です

今回の考察は俺が勝手にそう思って勝手にそうしてるだけなので全部鵜呑みにする必要はないですし、もちろん運要素なので正解も不正解もありません…と俺は思います

IGをする上で俺が1番気をつけているポイントはさっきも言いましたが、このIGに意味があるのか、という点です

基本的にIGは自分がしたい行動の一つ上の行動をするためにあり、相手がしたい行動を一つ妨げるためにある…ぐらいの認識がちょうどいいかもしれません

点を取る、場を埋める、マウントを取る、目に見える範囲ではこんなもんですが、もちろんこれだけではIGするタイミングを絞ることなど到底不可能です

なぜならほぼ全ての場面において、捲れれば捲って正解だからです
当然ですね

基本的にゼクスは相手より先に捲ってマウント取りに行った方が強いです
これもIGのタイミングの見極めを難しくさせてるポイントの一つですね
特に大きな変化なくゲームが進んでしまった場合、先に捲った方が勝ってしまいますから

ですがこれは基本的に、というお話であってIG枠に卑弥呼ニルカンタ蘭丸シェアトシュペーアが採用されてる場合は話が変わります

これらのカードが採用されてる場合、相手が捲ってきた返しにこれらを捲ることで盤面をひっくり返すことができます

つまりこれらのカードが採用されてるデッキとそのIGは『相手が捲ってきた返しに捲ると強い』という意味を持ったことになります

この時点で対戦前から相手に対してIGという点だけに絞れば一つ優位に立ってます

自分がしたい行動の二つ上、処理と展開と得点に繋がるIGが可能になるわけですから、これらのカードは当然優秀なわけです

逆にこれらのカードにより、相手側は展開するさいに頭を悩ませることになるので、その時点で相手の行動を妨げてることになります

一応言っておくと、これらのカードにおいて大事なのは『捲れないから採用しない』のではなく『デッキに入れてることを強みにする』ことです

こういうと批判を食らう気がしますが、カードゲームは所詮は運ゲーです

どこまでプレイを極めても結局最後は運に支配されてしまいます

100%勝ちにいくデッキを組むのは到底不可能なのですから、両者に平等に与えられたランダム要素を利用し優位に立つことは、長い目でみて勝率向上に繋がらないはずがありません


ちょっと話題変えます

最近他人のフリーを見ててよく思うのですが、圧倒的に不利な状況で最大値を求めないプレイヤーに8割の壁は越えられないんだなぁと

わかりやすく言うなら、ヴァンガードでいう、効果は全てヴァンガード!!です

これはIGというシステムがあるゼクスでもほぼ同じ事が言えます

例えばこういう場面があったとします

□相□
□相□
相□相

こちらのライフが2で相手が3点だとします
横2体はニルカンタで中央は大型、PSは卑弥呼だとしましょう
ハンドには大型一体小型(ニルカンタ2枚分よりはパワーが高いとします)一体、そしてそれを出せるだけのリソースがあったとして、捲れたIGをどこに置くか、というお話

まぁ多分この問題というか場面に答えはないです
握ってるデッキが〜とか採用カードが〜とか言い出したらキリがないですし

ですが、あくまで俺なら、この場面で捲れたIGは1枚目、2枚目ともにノータイムで相手PS横に出します
つまり横2体のニルカンタは放置します

これは勝負を捨てたのではなく、このタイミングでしか、こちらにワンチャンスある盤面を作れないからです

このゲームはライフが減れば減るほど選択肢が減っていきますからね

逆に言うなら、ライフが2点残っていればまだ死ぬ可能性は6割くらいしかありません

1点になってからLRにかけるよりははるかにマシってこと

負けないためのプレイをする場面と勝つためのプレイをする場面の見極めは難しいポイントだと思いますがまぁ頑張ってください

もちろんLRわんちゃんにかけて最大値プレイしないといけない盤面もあるでしょう

カードゲームの醍醐味ですね

こんな感じの駆け引きもIGするタイミングを決定する重要な要因になり得ると思います


もうひとつIGするタイミングとして外せないポイントがあります

自分のデッキと相手のデッキの相性です

自分のデッキだけでなく、相手のデッキの展開、強み、弱点までわかってないと、ハンドで解決できない盤面に陥るタイミングでIGすらできないみたいなことになってしまいます

こればっかりは虱潰しに研究するしかないし、知識量が勝負を制することもあるってことでまぁ、多少はね?

そもそもな話、相手のデッキに対する理解度が足りないとバンドキープの時点から出来っこないから、ここはほんと実力分かれるところだと思います

わかりやすいところだとビートのコントロール相手ならIGは必要な場面まで最低限に抑えるとか、コントロールのファッティ相手ならスイッチしてビート寄りのプレイをし積極的にIGしていくとか、そんなんです


本日のまとめ:とくになーし



なんか気づいたら自分でも読みたくないくらい長文になってましたね…

ここまで読んで下さったみなさんお疲れ様でした

また次すぐ記事あげると思うのでそんときはまたよろしくお願いします
スポンサーサイト



<< 詩姫ブースターまとめ | ホーム | 第二回綾瀬杯ぷちレポ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム