FC2ブログ

この暖かさは夏のせい、だけじゃない

みなさん突然ですが、『セルフプレジャー』ってご存知ですか?
僕も最近知ったんですが、ようは貴賓になって帰ってきたオナニーです。
なんていうかまぁ上品な感じしますよね、セルフプレジャー。積極的に使っていきたいですね。

今日は比較的上品な感じの内容になることをお許しください。

というわけで、この度新しいジャパニーズおまんこフィギュアことセルフプレジャーホールを我が家にお迎えしたことを報告致します

今回購入した一品はこちら!

『TENGA Spinner HEXA』 & 『TENGA Spinner SHELL』

優柔不断過ぎてエムズ(アダルトショップ界のジャスコみたいなもん、服とか売ってるし)で40分悩んでもどちらにするか決められなかったので両方購入してきました、今宵は3Pです。

こちらの商品についてざっくり説明させて頂きますと、最近TENGA様から発売された、セルフプレジャー中に膣内が勝手に捻れてくれる感じの奴です。

これは期待大ですね!と思ったのも束の間、3種類もあってどれを買えば良いのかわからない!
一つはそんなに刺激が強くなさそうなので選択肢から外すとして残りは二つ…違いは中の形状と直径でした。

天使のやぎゅう「鋭い突起がシャープに攻めてくるHEXAの方が良いに決まってるわ!」
悪魔のやぎゅう「膣内が狭いSHELLの方が良いに決まってんだろ」

みたいなことを無駄に40分近く考えていたわけですが、まぁ値段もそんな高くないので両方買ってきました。

さていざ開封!…そして説明書を読んだ時にあることに気づきます。

『どうせ空気抜くから直径とか関係ないわ』

俺の40分を返せや悪魔。

気を取り直していざHEXA。

オナホ用の粘度が強いタイプのローションと実物(※オブラートに包んだ表現です)により近いタイプのローションの2種類が手元にあったのですが、ノーシンクでオナホ用ローションを選択していきます

そもそも実物なんて見たことも触ったことも嗅いだことも舐めたこともないのに説得力に欠けるんですよ、フェラされたことがない人間はフェラシーンであまり興奮出来ないカルマを背負っているのと同じなんですよ、そんなことに何の意味があるのかと、そんなことよりサイゲームスはククルちゃんの匂いがするローションを早く出せと、そういうことなんですよ。

なかなか良い吸い付きと捻りをなさるTENGA Spinner HEXA様ですが、なんか1780円だなって感じの気持ち良さだったので、まぁこんなもんだよなと思った矢先、あることに気がつきます。

『このオナホの透明さと吸引力なら精液の流れる様子がよく見えるのでは…?!』

まずは当時まだセルフプレジャーの存在を知らないので若干上品さに欠けることをご了承下さい

だが!ですが!実は膣断面図射精描写大好き太郎丸である私は震えを抑えることが出来ませんでした、ちんぽの。

濁る先端、そして広がる白濁、あの瞬間、俺のちんぽは八方美人でした。

『膣内射精、上から見るか?横から見るか?』

パッと濁って咲いた、精子を見ていた。

きっとまだ終わらない夏がここにあったのだと、そう感じずにはいられませんでした。

ちなみに、後日談ですがSHELLはやっぱりHEXAよりしょーもないだけでした。


で、実は同日、エムズでもう一つ気になるものに出会っているんですよね。

まぁ特に焦らす必要もないのでぶっちゃけると、女性用セルフプレジャーアイテムのiroha fit MINAMOZUKIってやつなんですけど

エムズでこれを触らせて頂くことが出来たのですが、これがもうすっごくふわふわですべすべなんですよ。触ってるだけで凄く落ち着くんですよね。

女性の皆さんはご存知無いと思いますが、性的興奮を得る気が無い時にちんぽを握ってると結構落ち着くもんなんですけど、その感覚にかなり近いです。


しかも見た目も凄く可愛いんですよ、ちんぽはモンスターハンターのフルフルみたいな見た目してるのにこいつウミウシみたいな見た目してるんですよ

フルフルとウミウシだったら普通ウミウシに愛情注ぎますよ俺だってそうします。

さらに言うならこれ充電式なんですけど、なんと90分も充電保つんですよ。俺のちんぽが仮にヱヴァンゲリヲンだとすると5分闘えるんですがその18倍ですよ。こんなん勝てるわけないよ。

これは勝てない…ちんぽじゃ勝ち目がない…俺からこれが生えてきてほしい…

なんか評価もやたら高いみたいだし、自分が女の子だったら毎日これでセルフプレジャーしてんのになぁなんで女の子じゃないんだろうなぁ…




というわけでなかなか上品な内容に仕上がったんじゃないでしょうか、今日からみんなもレッツセルフプレジャー!
スポンサーサイト



| ホーム | 今宵寒空の下で >>


 ホーム