FC2ブログ

ろくまふビートだー

ろくまふビートは僕が勝手にそう呼んでるだけで中身はただの青黒緑です。
まずはそのレシピから


ST山吹
4アヴィオール
4シェアト
4ヘッジホッグ
2ベネトナシュ
2ウェアラーク
4ウェアラクーン
4デュエル
4花蘇芳
4アマディウス
4スケルタルダンサー
4アリオト
3リゲル
3ウェアスクワール
3スケルタルビショップ

ようはSDLを中速寄りにしてるデッキタイプなのが見てわかると思います
序盤はやってることがSDLの劣化でしかないのですがそれでも5ターン目ぐらいまでには相手を殺すことができ、かつSDLの苦手としてるデッキタイプに有利に立ち回れます。
瞬間的な爆発力はこちらの方が優ってますからね

基本的にはアリオトリゲルウェアスクワールビショップを駆使して相手のPSをひたすら叩き続けるだけですが、アリオトで後攻の不利を返すことが多いのでPSはしょっちゅうガラ空きです
相手PS囲んでれば相手は返すのに精一杯でこちらのライフまで届きませんし、仮に届いたとしてもそれは相手がリスク背負って突っ込んできてくれてるだけなので下手したら次のターンでジエンドまで持っていけます

ドローソースがビショップしか無くてハンド切れそう…という人は視野が狭いので出直してきて下さい。
このtcgは基本的に毎ターン2枚ドローして、ハンドの一枚をリソース置くようにできています。
つまり実質的なドロー枚数は1枚と変わらないわけです。
(一応言っておくと、デュエルマスターズはライフが減るとハンドが増えるので、ゼクスのプレイングの比較対象にはなりません)
まぁ何が言いたいのかっていうと、ようはリソースブーストはドローソースとあまり変わらないよってことです。
むしろ序盤は、普通のドローソースより次のターンの選択肢が遥かに増えるのでこっちの方が優秀です。
序盤は1ターンにプレイできる枚数が少ないのと、手札からリソースに置くカードが減ってるのを踏まえれば当然ですよね。
最悪花蘇芳を置いた次のターンは、リソースにカード置かなくてもいいわけですし(極力リソースリンク以外置きたくないし)

ダンサービショップからリゲルかリス釣ったり、アリオトで自分のゼクス戻したりしてもう一点もぎ取ると、きもち良くて逝きそうになるので是非お試しあれ!


さて、長々と書きましたがこのデッキも結局SDLと同じくリソースリンクを二種類積んだ速攻型のデッキには変わりありません
なので使いこなすには最低2ターン先まで読んで手札と頭を回さなければ、息切れなり事故なりで殺されてしまいます
先攻初手三コストないときとかザラにありますよ
まぁアリオトで次のターン返すだけですけどね
スタートカードは別にウルティオーでもいいと思います。ここは好みの問題なので

では今回はこの辺で。長文駄文失礼しました
スポンサーサイト



<< 赤黒リンクの偉いところと偉くないところ | ホーム | SDL考察 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム